考えさせられます(+_+)

2018-11-22
11月4日の大阪府高槻市で発生した老老介護による無理心中は、
国のシステムを揺るがすほど重大な内容でした。


報道を見ると、ご主人は地域包括支援センターへ相談していたようですが、
センターの談話では「申請があれば対応のしようもあったが・・・」と書かれています。


ご主人がされた「相談」と、センターが言うところの「申請」はどこがどう違うのでしょうか?
それにセンターの役割を考えた場合、相談を受けた後の経過を確認する義務があるのではないでしょうか。


すべてのセンターがこのような怠慢な対応をしているとは思いませんが、人が対応することの結果であることを認識しなければなりません。


——————————————————


介護の情報提供をはじめ介護勉強会・セミナー情報や
保養施設など会員の皆様へ最新のお役立ち情報をお届けします。
http://www.zenshikyo.com/
よりメルマガ登録をクリック!!!


本部職員 神宮正幸
Copyright(c) 2013 All Rights Reserved. Designed by Zenshikyo Blog Team